双子の運勢は同じなの?

双子座流星群

12/14は双子座の満月&双子座流星群の最盛期。
満月なので光に遮られますが、15分に1回くらいは
流れ星が見られるようです。

毎年この時期だとかなり寒くて、
外での観察は防寒に気をつけねば、ですね。

それにしても、流れ星と満月に願い事
どちらにもいっぺんにお願いできるとは、ラッキーな日です

ちなみに
12月13日は双子の日だそうです。
1874年(明治7年)に
「双生児、三つ子出産の場合は先に生まれた子を兄姉と定める」
という太政官布告がこの日に出されたとか。

その前までは、先に生まれた子が弟妹とされていたのですって。

双子座流星群最盛の時期に双子の日があるとは、偶然でしょうか。
面白いめぐりあわせの日のひとつですね。

ただ、双子の日は他に11月25日と2月5日にもあるそうで
こちらはまさにゴロ合わせ。
「いいふたご」と 単に「ふたご」 で 双子の日。

双子の運勢は?

双子は同じ生まれ日なのだから、運勢同じなの?とよく聞かれます。

西洋占星術的には生まれた時間に4分差があるとアセンダントに違いが出てきます。
アセンダントは個人の見た目、容貌、気性を表していますので
サインの変わり目の時間帯だと、サイン次第で第一印象がだいぶ違うでしょう。

生まれた時間に何時間か差があったとしたら、
「月星座」も変わっているかもしれません。
月星座が変わると、性格的にだいぶ違いが出てきますね。

あるいは、育っていく環境において
お母さんが二人同時に面倒を見るのは大変ですから、
誰かに子育てヘルプを頼むとします。

お兄ちゃんの担当はお母さん、弟の担当はおばあちゃん
主に面倒を見る人が違えばそこで通い合う「気」が違ってくることが
影響するでしょう。

一人が親と話していたり、あやされていたりかまわれている時、
もう一人はそれを眺めています。
その時に何を感じどう思っているかに心理的な差が出てきます。

幼稚園や学校に行けば、隣に座ったお友達が違う、
クラスが違えば先生も違う

こういった関わる人々の違いが
「気」の交流に違いを生み出します。

社会的な関係性と環境によって、
人生の流れがまったく同じにはなりません。

しかし、基本的に描く運命の軌道は同じです。
考え方、主義主張、好み、運気の出方など
それが、高い弧を描くか、低い弧か
大きく広い幅か、小さくまとまるか。

また、四柱推命で言えば
運気の流れは男女で逆になります。

男女の双子の場合は、運勢が互い違いになって
まったく違ってとらえられるでしょう。

 

占星術研究家の松村潔先生は、人の中にひそんでいる10の天体の性質の
100の可能性のうち、人は3くらいしか使ってないのではないでしょうか、と
著書に書かれています。

天体の使い方も人それぞれ
昼間と夜では、別の顔になる人もいます

水星が強ければ知性的、金星が強ければ
生き方において楽しむ事、おしゃれ、美しさなどが勝つでしょう。

先に生まれたから「おにいちゃん」「おねえちゃん」と呼ばれれば、
言われた分 心持ちも違うでしょうね。

女性の双子さんで、保育士になった方と教師になった方がいらっしゃいます
若いうちは、様々な経験をそれぞれ別々にしていきましたが
年齢を重ねると、本来の自分の求めているもの、本質に忠実になります。

そうすると、歩んできた道のりは違っても
他人をサポートするとか、人の役に立つ、など
本質は結果変わらないという事になるのかと思います。

サービスメニュー

月寿朱里の本

神社大好きが高じて書籍にしてしまいました
ハンディタイプです
神社巡り、御朱印集めの際に神社ミニ知識をぜひお供に☆

この記事を書いている人
月寿朱里
つきほぎ あかり

画像名
ご訪問いただきありがとうございます☆西洋占星術・九星気学を使いその方に合った快運方法を導き出してカウンセラーマインドで問題解決のお手伝いをさせていただいています。
☆企業に30年以上勤務後 現在西洋占星術、神社神道神話、 開運運命学を探求しながらハートシップパートナーズLUCEを主宰☆

詳しいプロフィールはこちら

お役に立ったらぜひお友達にもシェアしてくださいね☆

悩みに効く星の処方箋

☆星を読んで自分を知る 相手を知る☆
出生年月日から西洋占星術、東洋占星術で鑑定致します。

「星」という字は「日」に「生まれる」と書きます。
あなたが生まれ出た瞬間に空に配置されていた星を読んでいくと、本来あなたが持って生まれて来たもの=性格、才能、嗜好、向いている事、予測 など
さまざまな観点からあなた自身を紐解き悩み解決へのヒントを探っていくことができます。

星を読んでご自分を深く知って 問題を解決し、心からスッキリしてみませんか