身体に良いこと・眠って自律神経を整えよう

<良い眠りのための8つの方法>

1.寝る10分前に軽いストレッチをする

一日働いて凝り固まった身体をほぐしてから眠りに入りましょう。

寝る前の10分間のストレッチは、コリをほぐし副交感神経に働きかけて、眠る準備を身体に整えてくれる事で寝つきが早くなります。

寝つきが良ければ睡眠の質が上がり、疲れを溜め込むことはありません。

身体が堅い人は無理をしないように布団の上で手軽なものを。

 

 

2.ぬるめのお風呂にはいる

夏場は38度、冬場は40度程度のお風呂にゆっくり入りましょう。
身体をゆっくり温めることで血流が良くなる他、浮力の作用で
普段の10分の1の体重となり、身体を支える筋肉や関節を休ませてあげることができます。

温度の好みは人それぞれですが、熱いお風呂は身体の各機能が活発になり交感神経が優位になって、結果寝つきが悪くなってしまいます。

いろいろな入浴剤で楽しむのも良いですし、ラベンダーなどのアロマを垂らしたり、お風呂の中で深呼吸をする、などを組み合わせるとよりリラックス状態が深まり良い睡眠につながります。

 

3.あたたかいココアやハーブティーを飲む

<ココア>
ココアに含まれるものにデオブロミンという成分があります。
これは脳のセロトニンに作用してリラックス効果を促す、安眠にとても効果的な成分。

また、生姜より身体を温め、持続時間も長いという研究結果もあり、冷え性の方にとっては強~い味方です。
その他、ダイエットのための脂肪燃焼、血管を若々しく保つ、などなど、
ココアって身体に良い事がたくさん☆

ココアのカフェインはコーヒーの10分の1ですから、睡眠の妨げの心配はありません。

<ハーブティー>
ハーブティといえばカモミールが代表的ですね。
「母の薬草」と呼ばれるカモミール。心身をリラックスさせる成分が含まれていて、不眠症を改善します。

それだけにとどまらず、カモミールはアズレン誘導体という物質を持っていて、
それにより胃粘膜の保護、腹痛、生理痛を和らげる、
ストレスからの過敏性腸症候群なども整えてくれる、
皮膚の保護、呼吸器の炎症・気管支炎、花粉症、鼻づまりに効く、などなどの効能を持ちます。

まさに「母の薬草」の名にふさわしいですね。

その他のハーブティでは、クランベリーティー、ラベンダー、リンデン、タンポポ茶などが
心身の疲労時に穏やかに作用してくれます。

寝る前のひと時、香りも楽しみながら、ゆっくり飲みましょう。暖かいお茶をゆっくりすすることで深呼吸をすることにもなり更に効果が増します。

cup-829527_640

4.軽い読書をする

人には入眠儀式というのがあり、寝る前必ず本を読まないと眠れない、という人もいるでしょう。
難しい本の方が逆にわけわからなくて眠れるという人もいます。

好きな本、きれいな絵本や写真集など、布団にくるまれて読むことは、穏やかな眠りを誘います。
ただし、スリラーやホラーなどは人によっては夢見に関係しますので、やめておいた方が良いでしょう。

 

5.穏やかな音楽を流す

クラシックでもいいですし、どんなジャンルでも好きなもので穏やかな旋律のものを‎BGMにかけましょう。

川の流れる音など水の音も良いですね。
静かにバックで流れていると気持ちが落ち着いてきて、いつのまにか眠りに落ちることができます。

river-71639_640

 

6.アロマをたく

寝室にアロマオイルをたいてみましょう。
ラベンダーやオレンジ、カモミールは、初めての方も抵抗なく使えるでしょう。
その他ネロリ、マンダリンも睡眠時に向いています。

自分の心地よい香りを選ぶことが一番大切ですが、心地良く感じるというだけで選ぶと、かえって目が覚めてしまうアロマもあるので、使う前に効果を確認しましょう。

7.深い呼吸をする

ベッドに入ったら呼吸を意識してみましょう。

簡単にできるものをご紹介
1~7まで数えながら鼻から息を深く吸い、同じく7まで数えながら口から息を吐く、を何度か繰り返しましょう。
いつの間にか眠りに落ちています。

私の場合、自分の深い寝息が聞こえてきたらもうウトウト状態で、気がつくと朝。爽やかに起きられますよ。

 

8.眠くなってからベッドに入る

ベッドに入ってからスマホなどを見たりすると眼から入る光ブルーライトが脳を刺激して頭が冴えてしまいます。ベッドには持ち込まないように。
眠るギリギリまでスマホを見ているのも実は良い睡眠につながりません。

スマホを朝から晩まで手から離さない方で夜眠れず朝がだるいという場合は、眠る数十分前にはスマホを手から放してのんびりゆったり音楽を聴くなど寝る前の生活パターンを切り替えていきましょう。

 

これからの季節、こたつがある家ではこたつでウトウト、つい気持ちよく寝てしまいますね。でも、こればかりはいけません。

足先の方だけが温められたまま眠ると、血の流れが滞り、脳腫瘍や脳血栓といった脳の血管に悪い作用を及ぼす、という研究結果が出ています。
ウトウトする前に寝室に行きましょう。


健全であるためにも、ストレス解消にも とにかく良い睡眠を取ること、これが一番大切です。

床に入った瞬間、フカフカの布団、よく洗ってある気持ちの良いシーツ、ちょうどよい堅さの枕で眠れること
こんな至福の時間はありませんね。ありがたい事といつも感謝しながら眠りにつきましょう。

 

※不眠の状態がもし2週間以上続いているようでしたら黄信号です。躊躇せずに睡眠クリニックなどに行ってください。

この記事を書いている人
月寿朱里
つきほぎ あかり

画像名
ご訪問いただきありがとうございます☆西洋占星術・九星気学を使いその方に合った快運方法を導き出してカウンセラーマインドで問題解決のお手伝いをさせていただいています。
☆企業に30年以上勤務後 現在 開運運命学、神社神道神話、西洋占星術を探求しながらハートシップパートナーズLUCEを主宰☆メンタルヘルス検定2種取得
詳しいプロフィールはこちら

お役に立ったらぜひお友達にもシェアしてくださいね☆

悩みに効く星の処方箋

☆星を読んで自分を知る 相手を知る☆
出生年月日から西洋占星術、東洋占星術で鑑定致します。

「星」という字は「日」に「生まれる」と書きます。
あなたが生まれ出た瞬間に空に配置されていた星を読んでいくと、本来あなたが持って生まれて来たもの=性格、才能、嗜好、向いている事、予測 など
さまざまな観点からあなた自身を紐解き悩み解決へのヒントを探っていくことができます。

星を読んでご自分を深く知って 問題を解決し、心からスッキリしてみませんか