複合アスペクト☆グランドトライン

グランドトラインとは
3天体が同じエレメンツのサインに入って形成された正三角形の複合アスペクトです

ネイタルチャート・出生図にある場合は
調和、協調、安定、のトラインが3つあるわけですから
組み合わさる天体や入るエレメンツにより違いはありますが
基本的に無理をしなくともラッキーなチャンスに恵まれる人であるといえます

確かにグランドトラインを持つ人は幸運です
ただ、活動、不動、柔軟とクオリティがすべてそろい
自分の中で自己完結してしまいます

もともと持って生まれたもので、大きな努力なくとも
実りを手にできるため、幸運に安穏としてしまい

ハングリー精神、燃える闘争心といった刺激や葛藤などがなく
成り上がるような大きな成功はそれほど望めないし、そうも思わないといった
人生の彩が若干薄めになることは否めないでしょう

それでも人生の満足感は確かなものがあるのです

エレメンツごと、また組み合わさる天体によって趣は変わってきます

エレメンツ別のグランドトライン

◆火のグランドトライン

牡羊座・獅子座・射手座に天体が入る

ひらめき、湧き出る創造力、目指したい目標、理想に向けて力がみなぎる
その情熱で、周りを巻き込んで熱く手ごたえのあるものを得ることができる

とはいえ
これほどの火の強さを考えると、自分で燃え上がって
テンション上がり過ぎたり、自分でも湧き上がる熱い思いが止められず
そのひらめきに独りよがりになったり
力を持て余すことすらあるかもしれません

でも、止められるものでもないし・・

心置きなく情熱に身をまかせてみるのが自然でしょう
疲れたら誰に遠慮もなく休めばいいだけですから

 

◆地のグランドトライン

牡牛座・乙女座・山羊座に天体が入る

物質、財産、金銭という現実社会で大切なものを形にする力を
自然と発揮し、ちゃくちゃくと成功の道を上ります
コツコツ仕事をこなす堅実さで社会的な成功をおさめる力があります

あまりに現実的なため、ちょっとロマンが不足気味な感じもありますが
それでも効率よく質の高い骨太さを求める、それでよしと感じているでしょう
 

◆風のグランドトライン

双子座・天秤座・水瓶座に天体が入る

情報、知性、コミュニケーションに対して反応が早く
学ぶ事が大好きで、発信、表現する力を持ち 理論づけて体系し
その道で成功を得るでしょう

コミュニケーションはうまいけれど、自分が大事だし
人の気持ち、内面まであまり気にしないため
自分だけの世界にはまりますが、それはそれで幸せなのです
 

◆水のグランドトライン

蟹座・蠍座・魚座に天体が入る

豊かな感性や感受性を持ち、直観や共感の能力を発揮します
情緒的で、家族身内愛するものをとても大切にし、一体感を強く求めます
ミステリアスでロマン溢れる優しき人

堅苦しい論理的な思考ではなく、
その時の雰囲気、ムード、フィーリングで物事を決定していき
なんとなくそれでうまく通ってしまいます

 

 

星の伝えていることをしっかり受け止めながら行動していく時
星は力強いサポーターです

信じなければ、受け止めなければ、
ただ宇宙にある小さな光でしかなくなり、
信じない人にとって特段の意味は何もありません

日常的にまで落とし込んで星を意識することはあまりないでしょうけれど
魂は星の言葉を知っているので、星への意識の高い人は

人生のよきアドバイザーとして星を味方につけ
軽やかにしなやかに過ごしていくことができると思います

西洋占星術講座・アスペクト

2016.11.29

サービスメニュー

月寿朱里の本

神社大好きが高じて書籍にしてしまいました
ハンディタイプです
神社巡り、御朱印集めの際に神社ミニ知識をぜひお供に☆

この記事を書いている人
月寿朱里
つきほぎ あかり

画像名
ご訪問いただきありがとうございます☆西洋占星術・九星気学を使いその方に合った快運方法を導き出してカウンセラーマインドで問題解決のお手伝いをさせていただいています。
☆企業に30年以上勤務後 現在西洋占星術、神社神道神話、 開運運命学を探求しながらハートシップパートナーズLUCEを主宰☆

詳しいプロフィールはこちら

お役に立ったらぜひお友達にもシェアしてくださいね☆

悩みに効く星の処方箋

☆星を読んで自分を知る 相手を知る☆
出生年月日から西洋占星術、東洋占星術で鑑定致します。

「星」という字は「日」に「生まれる」と書きます。
あなたが生まれ出た瞬間に空に配置されていた星を読んでいくと、本来あなたが持って生まれて来たもの=性格、才能、嗜好、向いている事、予測 など
さまざまな観点からあなた自身を紐解き悩み解決へのヒントを探っていくことができます。

星を読んでご自分を深く知って 問題を解決し、心からスッキリしてみませんか