西洋占星術・2016年1月の星模様 火星水星

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

1月の星模様をさっそく観てみましょう

3日に火星が蠍座に入り、水星が5日から逆行を始めました。
火星はさそり座・射手座を行ったり来たりし、都合1年のうち1/3さそり座に居る事に。
通常1星座を1か月強で進んでいくので、今年はかなりの時間をさそり座で過ごすことになります。

火星は、情熱、多情多感、勇敢、行動力、冒険、怒り、闘争心などを意味し
それが今年、蠍座に長期滞在となると、深い情熱や粘り強い力、溜め込んだ思いを
一気に発揮する、などが現象化する可能性を持たせるでしょう。

燃え上がる火の性質を上手に使っていくと熱い思いを具体化できそうですね。

また水星の逆行は1/27まで。これもよく、通信の遮断や連絡の不行き届きなどが
起こりやすいと言われますので、念には念を入れて見直す、指さし確認などで
振り返るなどが、この期間大事となるでしょう。

私は、この前の水星逆行中に電車の網棚に忘れ物をし、逆行が終わった途端に見つかったという
逆パターンを経験しちゃいました 苦笑

さて最近、冥王星よりもっと遠くに、太陽系としての別の小さな天体が発見された
ようですが、まだその正体は明らかになっていません。

新たに見つかった星、新たな星読みの歴史の始まりかもしれませんね。

今年の3月は、日蝕と月蝕があります。
宇宙の意思に沿った行動や意識は、宇宙の力があなたを後押ししてくれて
行く先を光で照らしてくれるでしょう。

あなたのホロスコープ、命式にも星の神秘がひそんでいます。

この記事を書いている人
月寿朱里
つきほぎ あかり

画像名
ご訪問いただきありがとうございます☆西洋占星術・九星気学を使いその方に合った快運方法を導き出してカウンセラーマインドで問題解決のお手伝いをさせていただいています。
☆企業に30年以上勤務後 現在 開運運命学、神社神道神話、西洋占星術を探求しながらハートシップパートナーズLUCEを主宰☆メンタルヘルス検定2種取得
詳しいプロフィールはこちら

お役に立ったらぜひお友達にもシェアしてくださいね☆

悩みに効く星の処方箋

☆星を読んで自分を知る 相手を知る☆
出生年月日から西洋占星術、東洋占星術で鑑定致します。

「星」という字は「日」に「生まれる」と書きます。
あなたが生まれ出た瞬間に空に配置されていた星を読んでいくと、本来あなたが持って生まれて来たもの=性格、才能、嗜好、向いている事、予測 など
さまざまな観点からあなた自身を紐解き悩み解決へのヒントを探っていくことができます。

星を読んでご自分を深く知って 問題を解決し、心からスッキリしてみませんか