木星と天王星と火星と

10/11 鹿児島県霧島連山の新燃岳が6年ぶりに噴火しました

新燃岳は、天孫降臨 霊峰高千穂峰の中ほどに位置する
標高1,421m の活火山です

天照大御神の孫である邇邇芸命(ニニギノミコト)が、
葦原の中つ国をおさめるため降臨した山 高千穂の峰

※天孫降臨の地は諸説あります
上の写真は、ニニギノミコトが降臨した際、峰に突き立てたといわれる青銅の天逆鉾(諸説あり)
坂本龍馬が抜いたという 山頂の天逆鉾(現在はレプリカ)

前回の大規模な爆発的噴火の始まり2011年1月27日から
6年9か月ぶりで、当時ほどの大規模ではないものの
噴煙立ち込める様子は目を見張るものがあります

新燃岳は9月下旬から火山性地震が活発化しましたが
木星が蠍座に入ったとたんにドンと噴火しました

6年前の2011年1月は
木星が牡羊座に入ったとたんの大規模噴火で
以降9月までずっと間欠的に小規模な噴火が継続

この時、天王星がもうすぐ牡羊座に入ろうとする27度あたりで
ほぼ木星と合でした

その後 3/12 天王星牡羊座イングレス
更にその1か月後の4月 海王星魚座イングレス
と、影響力強い遠い天体のサイン移動が続いた2011年春

今回、天王星は牡羊座の終わり近く、今26度で逆行していて
木星とはほぼオポジションを成しています

こう見ると、天孫降臨の山岳 新燃岳は 木星と天王星の動きに反応しつつ
火星の勢いが増強増大した時、ドカンとスイッチが入るのかもしれません

今回の牡羊座と前回の蠍座 共通するのはルーラー火星
蠍座のルーラーは現在は冥王星ですが、古典占星術では火星です

トランスサタニアン 土星以遠の天体がまだ発見されていない時代
火星が蠍座のルーラーでした

現在 火星はサブルーラーとなっていて、時代と共にどちらの要素も兼ね備えている
蠍座は熱く激しいものも抱えています

火星、木星、天王星、そして 牡羊座、蠍座、
火、火の拡大、爆発などの象意が混沌と絡まっているように
個人的には思えます

非常時の備えを見直しをしておかなくちゃですね

 

(高千穂夜神楽彦舞の像)

//

この記事を書いている人
月寿朱里
つきほぎ あかり

画像名
ご訪問いただきありがとうございます☆西洋占星術・九星気学を使いその方に合った快運方法を導き出してカウンセラーマインドで問題解決のお手伝いをさせていただいています。
☆企業に30年以上勤務後 現在 開運運命学、神社神道神話、西洋占星術を探求しながらハートシップパートナーズLUCEを主宰☆メンタルヘルス検定2種取得
詳しいプロフィールはこちら

お役に立ったらぜひお友達にもシェアしてくださいね☆

悩みに効く星の処方箋

☆星を読んで自分を知る 相手を知る☆
出生年月日から西洋占星術、東洋占星術で鑑定致します。

「星」という字は「日」に「生まれる」と書きます。
あなたが生まれ出た瞬間に空に配置されていた星を読んでいくと、本来あなたが持って生まれて来たもの=性格、才能、嗜好、向いている事、予測 など
さまざまな観点からあなた自身を紐解き悩み解決へのヒントを探っていくことができます。

星を読んでご自分を深く知って 問題を解決し、心からスッキリしてみませんか