9月10日から火星逆行~9月17日乙女座新月

牡羊座にいる火星が、今朝から逆行を始めました。
11月14日まで

今まで、カッカしていた物事の勢いがいったん収束する
ちょっと立ち止まり、バタバタ感がおさまる

増え続けてきたものが減るとか
ガーッと進めてきたものを見直したり、いったん振り返ってみるとか

恋愛も燃え上がってきたものが落ち着いてみたり
物事の進展の仕方が変わる、方向性が少し変わっていくのでしょう

でも、牡羊座は牡羊座なので、熱は持ってます
スピード感が緩やかになる感じ
でも、何か事が起きても慌てない、焦らないのが大事です

熱は持っていますから
今、地球のあちこちで起きている、山火事から始まって広がっている大火事は
広がり方は緩やかになるでしょうけれど、なかなか消えそうもありません

サンフランシスコでは、夕方になると
流れ込んできた煙で街全体が赤く染まって
まるで火星のようだと評されているとか・・

この時期にこの表現は、単なる偶然とは思えなくて
ハッとしてしまいました。

また
新型コロナのワクチン開発が
イギリスでいったん中止になったニュースがありました

まずは、6月からガーッと走ってきたもの
新たな人間関係やプロジェクトなど
この2カ月の間で、ちょっと立ち止まって見直そうよ と
星は投げかけてきています

そこで考え直したり修正をしておくと
今後がスムーズになるでしょう。

さて、
7月、蟹座で起きた2回の新月によって
そのサイン軸での満月新月のターンが逆になってきています

9月17日は乙女座25度で新月

9/2の魚座満月は、この時代最後の浄化満月といわれていました。
これまでだと、乙女座新月が先に来て、物理的なものを断捨離して
その後、魚座満月で感情的、精神的なものの精算、浄化をする
という順番でしたが・・・

今回の新月は真向いに海王星がいます 
海王星は現実感が薄く、空想や妄想の世界、夢の世界

太陽と月の行きたい方向として
このご時世で、働き方改革など ひとりひとりが考え始め
いろいろと、あぁしたい、こうしたいと希望や理想は湧いてくるけれど

少し時間がたつと、その思いはあいまいになって
本当にそれが自分のやりたいこと?と疑念や躊躇が生まれがち

計画は生まれるけど、実行まで時間がかかるという感じで
迷ったり混乱したりします

海王星は心を揺らすのです

そして、22日は秋分
今年後半を読む大事な日です

月寿朱里 西洋占星術の本

西洋占星術でわかること、星が教えてくれるものをミニ小説の主人公由梨が身を持って体験しています。
占星術の基礎知識と共にホロスコープを読む楽しさを味わえます☆

月寿朱里の本

神社大好きが高じて書籍にしてしまいました
ハンディタイプです
神社巡り、御朱印集めの際に神社ミニ知識をぜひお供に☆

この記事を書いている人
月寿朱里
つきほぎ あかり

画像名
ご訪問いただきありがとうございます☆西洋占星術・九星気学を使いその方に合った快運方法を導き出してカウンセラーマインドで問題解決のお手伝いをさせていただいています。
☆企業に30年以上勤務後 現在西洋占星術、神社神道神話、 開運運命学を探求しながらハートシップパートナーズLUCEを主宰☆

詳しいプロフィールはこちら

お役に立ったらぜひお友達にもシェアしてくださいね☆

悩みに効く星の処方箋

☆星を読んで自分を知る 相手を知る☆
出生年月日から西洋占星術、東洋占星術で鑑定致します。

「星」という字は「日」に「生まれる」と書きます。
あなたが生まれ出た瞬間に空に配置されていた星を読んでいくと、本来あなたが持って生まれて来たもの=性格、才能、嗜好、向いている事、予測 など
さまざまな観点からあなた自身を紐解き悩み解決へのヒントを探っていくことができます。

星を読んでご自分を深く知って 問題を解決し、心からスッキリしてみませんか