西洋占星術講座・ハウス

ハウスとは

サインは感情、心理、人生を表わし、あまり具体性がないのに対して
ハウスは人生において具体的な活動する場所や分野を表します。

その人が何に重きを置いて人生を生きていくか、どのように行動するかを
細かに読んでいく事ができます。

生まれた瞬間の地平線から天を12に分割して12分野が割り当てられ
どのハウスにどの惑星が入っているか、
どのハウスがどのサインと組み合わさっているかで、
その人がどういった分野で活躍し行動していくか、
こう動くであろうという動向の可能性を読んでいきます。

惑星が入っていなくても、ハウスが始まる境界にあるサインの守護星でも読み取ります。

ハウスは出生時間がわかっていないと出せませんので、
人生の活動傾向という大切な事柄を見るためにも、出生時間が必要となります。

それでも出生の時間が詳細にわからない方もいるでしょう。
不明な場合は、太陽があるハウスを1ハウスとして読み解いていく方法もあり
これも判断の仕方は変わりますが、大きな誤差はないと私は考えています。

それでもやはり出生時間がわかっている方が、より正確に鑑定する事ができます。

12ハウス 基本的な意味

第1ハウス 生まれた時から与えられている自己、自己主張、容姿、資質
第2ハウス  収入、稼ぎ、金銭感覚、財産、価値、所有
第3ハウス  初等教育、学習、小旅行、兄弟姉妹、知的向上、コミュニケーション
第4ハウス  家庭、人生基盤、不動産 父親 幼少時の環境
第5ハウス  趣味、好み、恋愛、芸術、人生での楽しみ事、生み出したいもの
第6ハウス  健康管理、労働、食べていく為の日々の仕事
第7ハウス  結婚、パートナー、対人関係、他者、ライバル
第8ハウス  財産、他人の資産、遺産、無心受ける、受け継ぐ、死、セクシャリティ
第9ハウス  高等教育、思想、哲学、海外、法律、出版
第10ハウス  現実社会との接点、天職、社会的立場、成果の出る分野、目標、母親
第11ハウス  友人、グループ、仲間、組織、ネットワーク、IT
第12ハウス  奉仕、ボランティア、癒し、隠れる、散る、深層心理

☆ここに書かれている基本的意味はごく一部です。

 

ハウスの3区分

12のハウスはその性質によって区分で分けられます。
チャート全体を読む際に重要なポイントです

12サインの三区分・活動、不動、柔軟 は本人の性質、行動の傾向を表しますが
12ハウスでは人生のどの分野に天体の力がより強く出るか、運勢のバランスを読んでいくことができます。

アンギュラーハウス (ASC, IC, DSC, MC のハウス)活動宮的

1ハウス=本人

4ハウス=家庭、ルーツ、晩年

7ハウス=対人関係、結婚

10ハウス=社会的地位、成功 

ネイタルチャートを読む上で最も重要な4つのハウス

ASCやMCという人生の骨格を成している軸から始まるこれらハウスに入る天体は
他のハウスにある天体より特に影響が大きく出ます

ここに入る天体はその人のパワーの源、パワフルな主力エンジンや起爆剤として使えます。
複数の天体が入る場合は更にこれらハウスの意味が強まり、自分自身、能力、私の価値、というものを積極的に外界に向けて打ち出していけます

アンギュラーハウス上に土星以遠の天体がトランジットで来ると
その影響力も大きいものです

例えば、10ハウス上に冥王星がくれば、社会的立場に大きな変化が訪れる、などが起こり得ます。

サクシデントハウス 不動宮的

2ハウス=財産、稼ぐこと、持って生まれた才能

5ハウス=趣味、恋愛、子供、自己表現

8ハウス=受け継ぐ者、パートナーの財産

11ハウス=友人、仲間、希望 

アンギュラーハウスに次いで影響力が強い

アンギュラーハウスの示しているもの、結婚や社会的な活動の結果 得られるのが
サクシデントハウスが象徴している子供や稼いで財産を形成、パートナー・配偶者の財産の共有です

営々と努力し築き上げてきたもの、それにより生活や心が安定し将来のビジョンを見る

ここに入る天体は人生を歩んでいく上で常に関わり続け、長い時をかけ構築するといった安定的な影響を及ぼします。

キャデントハウス 柔軟宮的

3ハウス=学習、情報、コミュニケーション

6ハウス=労働、雇用、使役

9ハウス=哲学、思想、精神性、宗教、旅

12ハウス=隠されているもの、内省、本人の聖域 

サクシデントハウスで活動し広げたことを、アンギュラーハウスへ引き継いでいく

人生の活動を一通り過ごしていくと最終的に気持ちが内面に向けられます。
内にこもり内省し思想にふける

ここに複数の天体が入ると、人の役に立とうとする、援助やサポート役に回ろうとし
自分は前面に出ず縁の下の力持ち的立場になりやすくなります。

トランジット天体がどのハウスに回るか

アンギュラー、サクシデント、キャデントの どこに
現在天空を回るトランジットの天体が回るか、

それも、大きな影響を及ぼすトランスサタニアンの天体が回るかで
サインに関わらず

アンギュラーなら本人自身にまつわること、

サクシデントなら所有しているもの、価値観、子供、恋愛の変化

キャデントなら内面に関わること

にそれぞれ、天体が意味する変化が起こり得ます

 

だし、アスペクトによって、それらの意味が強まったり、抑制されたり

社会への出方、心理的状態などそれぞれに色合いが違ってきます

そのため、ネイタルチャートは詳細に丁寧に読んでいくことが大切です 

サービスメニュー

月寿朱里の本

神社大好きが高じて書籍にしてしまいました
ハンディタイプです
神社巡り、御朱印集めの際に神社ミニ知識をぜひお供に☆

この記事を書いている人
月寿朱里
つきほぎ あかり

画像名
ご訪問いただきありがとうございます☆西洋占星術・九星気学を使いその方に合った快運方法を導き出してカウンセラーマインドで問題解決のお手伝いをさせていただいています。
☆企業に30年以上勤務後 現在西洋占星術、神社神道神話、 開運運命学を探求しながらハートシップパートナーズLUCEを主宰☆

詳しいプロフィールはこちら

お役に立ったらぜひお友達にもシェアしてくださいね☆

悩みに効く星の処方箋

☆星を読んで自分を知る 相手を知る☆
出生年月日から西洋占星術、東洋占星術で鑑定致します。

「星」という字は「日」に「生まれる」と書きます。
あなたが生まれ出た瞬間に空に配置されていた星を読んでいくと、本来あなたが持って生まれて来たもの=性格、才能、嗜好、向いている事、予測 など
さまざまな観点からあなた自身を紐解き悩み解決へのヒントを探っていくことができます。

星を読んでご自分を深く知って 問題を解決し、心からスッキリしてみませんか