不動宮がぎゅうぎゅう

2月12日の新月は、木星と土星のコンジャンクション
いわゆるグレコン が水瓶座で起きたあと
初の水瓶座での新月

ここから、本当に、風の時代の雰囲気を感じられそう・・
なのだけれど、
新月はスタートのタイミングなんだけど

なにしろ、今は
水瓶座に 太陽、水星、金星、木星、土星の5星
新月の日はもちろん月もいて

天王星と火星は牡牛座だし

もう、不動宮にぎゅうぎゅうに天体がつまって
その上、水星の逆行もまだ続いている

なんとも、じーっと動かない感じが重々しく
軽やかな風の時代~、なんてなかなか実感しずらいですね

私もやらねばならぬ事がある今なのに、つい考え込んで先延ばし、
溜めてた録画の映画を観たり、本読んだり、ゲームしたりしてしまう

天王星土星のスクエアもとにかく重いし
水星逆行終わる21日までは、重いだろうなぁ

以前も書いたけど、風の時代とはいえ、
冥王星はまだまだ山羊座

すぐに何もかもがコロッと変わる訳もないから、
今はゴゴゴゴッとにぶい音を立てながら動いていくのでしょう

それから、五輪に関する事で、
トップの差別的発言が物議をかもしたのは
暦が変わる寸前

この時期、ノーアスペクトで逆行中の水星
誰もが陥りがちかもしれない舌禍

この方のネイタル、
水星と冥王星がコンジャンクション
太陽と木星がオポジション

昔から言われていた事だけれど
とても力のある方だし、決して悪い方ではないのに
口だけは気をつけなきゃいけないのに

この時期に、もう無意識に差別的発言
無意識だから、何が悪いのかもたぶん気づかない

何をかいわんやだけれど
地の時代に活躍する象徴のような存在のおひとりで

時代はいろいろな形でふるいにかけていくのねと
これから何を求められるのか
本当に感じとらなくちゃいけないなと
思うばかりです

 

 

東洋で見た時
今年の「辛丑」というのは
辛く痛いもの、終わり
丑は地中の種 これから発芽する

終わりと始まりが混在し、混乱と収束

九星では、六白金星中宮の年
経済分野に暗剣殺
これは伸びが期待できない

180年前、四柱も九星も今年と同じ星並びの年には、
天保の改革
贅沢を禁止され、華美なものは町から消えてしまい
庶民はとても重苦しい生活を強いられた

現在は、コロナ禍
人は大勢で集まれず、飲めや歌えは否とされる状況は
過去と重なってみえる

でも、もうしばらくの辛抱と思いたい
いずれはよい報せが来るのだと。。。

朱里 西洋占星術の本

西洋占星術でわかること、星が教えてくれるものをミニ小説の主人公由梨が身を持って体験しています。
占星術の基礎知識と共にホロスコープを読む楽しさを味わえます☆

朱里の本

神社大好きが高じて書籍にしてしまいました
ハンディタイプです
神社巡り、御朱印集めの際に神社ミニ知識をぜひお供に☆

この記事を書いている人
朱里(あかり)
画像名
ご訪問いただきありがとうございます☆西洋占星術・九星気学を使いその方に合った快運方法を導き出してカウンセラーマインドで問題解決のお手伝いをさせていただいています。
☆企業に30年以上勤務後 現在西洋占星術、神社神道神話、 開運運命学を探求しながらハートシップパートナーズLUCEを主宰☆

詳しいプロフィールはこちら

お役に立ったらぜひお友達にもシェアしてくださいね☆

悩みに効く星の処方箋

☆星を読んで自分を知る 相手を知る☆
出生年月日から西洋占星術、東洋占星術で鑑定致します。

「星」という字は「日」に「生まれる」と書きます。
あなたが生まれ出た瞬間に空に配置されていた星を読んでいくと、本来あなたが持って生まれて来たもの=性格、才能、嗜好、向いている事、予測 など
さまざまな観点からあなた自身を紐解き悩み解決へのヒントを探っていくことができます。

星を読んでご自分を深く知って 問題を解決し、心からスッキリしてみませんか