天体の年齢域

天体の年齢域

占星術では10天体それぞれに年齢域というものがあります。
人間は段階を追って自分自身を発達させていく、という考え方で
その星の象意、エネルギーを学んでいくにふさわしい年代があります。

天 体 年齢域 象意・エネルギー
0歳 ~ 7歳  情緒、感情、個人生活領域、成長
水 星 7歳 ~ 15歳  知性の発達、他者との関わり、情報
金 星 15歳 ~ 24歳  個人的楽しみ、恋愛、趣味、パートナーシップ
太 陽 24歳 ~ 34歳  人生の公的な目的意識、活力、生命力、権威
火 星 34歳 ~ 45歳  行動、活動期、活発、攻撃的
木 星 45歳 ~ 57歳  寛容、拡大、発展、自他共助
土 星 57歳 ~ 70歳  組織、秩序、制限、枠組み、形成、責任
天王星 70歳 ~ 84歳  独立、部分的改革、革新
海王星 84歳 ~99歳  無意識、神秘性、夢の中
冥王星 99歳~115歳・
最期の時 瞬間とも
 死と再生、徹底的な改革

 

月の0歳から最初は7を足して7歳 水星期から順番に1ずつ増えた数を足していく
8を足して15歳 金星期は15に9を足して24歳・・・と続きます

太陽期はちょうど10を足します

そして天王星期の最後が84歳となり、
天王星の公転周期84年と重なるようになっているようです
古代の学者はそう計算されたのでしょう

幼少時にうまく情緒が育てられなかった、あるいは
水星期の幼い頃から多感な時期の間、他者とうまく関わってこれなかった、となると

その時期にその年齢らしさが出てこない、子供らしくない、とか大人びているとか
外で遊び走り回らず、ひきこもってしまう、などといったことが起こります
天体通りにうまく使いこなせないこともあるのです

年齢を重ねてあの頃の記憶を鮮明に認識していないとわかりにくいかもしれません

例えば、火星期はたいへん活発な活動期で稼ぎ時
年齢は34歳から45歳 のエネルギッシュな時
と考えると、火星らしい年代、と つかめるでしょうか

水星期の幼少期はコミュニケーションを学んでいく時

金星期16歳から25歳 いわゆるお年頃
自我、おしゃれに目覚め、恋をして結婚へ、パートナーを求めていく時

そして
太陽期=活力生命力の24歳から34歳頃までは
社会勉強をして社会性を磨き、自分の人生の目的を探し目指し意識して
自分が何者であるのか模索もするでしょう
働いて稼いで出世していく、あるいは起業など考え計画していく。

そして火星期=行動、活動期 の34歳から45歳
活躍の場をどんどん広げ人生で一番活動量が高い時、
いわゆる働き盛り、活発に発展して社会に貢献し、自己実現もなされていく
あるいは、今までを振り返って人生を構築し直す
人生の再構築に忙しくなるかもしれません

木星期=寛容、自他共助の45歳から57歳 には、周りを見回す余裕ができて
会社員でも家庭でも地域でも、組織を束ねていく立場になったり
若い人たちを育成したりなど、余裕や貫禄が出てくる時期

土星期=責任、57歳から70歳 はすっかり落ち着き老成の時期でありながら
どんな組織体であっても責任を負う立場になる時期といえるでしょう

親の介護や子供たちへの責任、老後の資産、健康・骨(=骨粗鬆症的な)
についていつも頭にあるし、頑固になってくる時期

以前も記事にした海王星の時期は、夢の中のような高齢の時期と重なります
(もちろん時期は前後し個人差はありますが)

自分の天体がどのサインやハウスに入っているかで
その人の年代の特徴を予想をしていくことができるのです。

この記事を書いている人
月寿朱里
つきほぎ あかり

画像名
ご訪問いただきありがとうございます☆西洋占星術・九星気学を使いその方に合った快運方法を導き出してカウンセラーマインドで問題解決のお手伝いをさせていただいています。
☆企業に30年以上勤務後 現在 開運運命学、神社神道神話、西洋占星術を探求しながらハートシップパートナーズLUCEを主宰☆メンタルヘルス検定2種取得
詳しいプロフィールはこちら

お役に立ったらぜひお友達にもシェアしてくださいね☆

悩みに効く星の処方箋

☆星を読んで自分を知る 相手を知る☆
出生年月日から西洋占星術、東洋占星術で鑑定致します。

「星」という字は「日」に「生まれる」と書きます。
あなたが生まれ出た瞬間に空に配置されていた星を読んでいくと、本来あなたが持って生まれて来たもの=性格、才能、嗜好、向いている事、予測 など
さまざまな観点からあなた自身を紐解き悩み解決へのヒントを探っていくことができます。

星を読んでご自分を深く知って 問題を解決し、心からスッキリしてみませんか