暦コラム 鹿島神宮~地のパワー

このところ地震が頻発していますね(>_<)
先日、茨城にある鹿島神宮にお参りをして地震を押さえているという要石を拝みに行ってきました。

近くにある香取神宮と常に対で語られる鹿島神宮。
武道の神様、武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)が祀られ
平安時代の延喜式によると伊勢神宮・鹿島神宮・香取神宮の3社のみ
神宮の称号で呼ばれている紀元前からある神宮です。

この要石、鹿島神宮にも香取神宮にもあって地下でつながっていると言われています。
太古の昔からこの辺りの地震は地中に大なまずがいて暴れるから起こると信じられており、

鹿島・香取の両神様がこの要石でなまずの頭を打ち動けなくしているようです。
要石で抑えられているため、この地方で地震は起きるけれどもそれほど大きな被害はないといわれています。

この要石、どちらの社の石も地中から少しだけ頭を出しているのですが
鹿島側は上部中央部が凹形、香取側は凸形。

江戸時代、水戸の黄門様(徳川光圀)が七日七夜掘り続けても全部掘り起こせず
さすがの光圀公もあきらめて中止したとか。

要石は大昔、神が天からこの地にお降りになった時、最初にお座りになった石であると伝えられていますが、
この石は地震を抑える石としての信仰が続いてきました。

ただ、5年前の大震災により力が弱まってしまっていると言われているようでこの真偽は定かではありませんが、
そんな話を聞くと、それはそれは大変な力を消耗されただろうと深く感じ入り手を合わせてきました。

奥にある御手洗池は、かつては禊ができた池で湧水がこんこんと湧いています。
水をすくい腕や足にかけて簡単ですが身を清めてきました。

鹿島神宮と香取神宮、興味深い縁起話のある2つの神宮です。

この記事を書いている人
月寿朱里
つきほぎ あかり

画像名
ご訪問いただきありがとうございます☆西洋占星術・九星気学を使いその方に合った快運方法を導き出してカウンセラーマインドで問題解決のお手伝いをさせていただいています。
☆企業に30年以上勤務後 現在 開運運命学、神社神道神話、西洋占星術を探求しながらハートシップパートナーズLUCEを主宰☆メンタルヘルス検定2種取得
詳しいプロフィールはこちら

お役に立ったらぜひお友達にもシェアしてくださいね☆

悩みに効く星の処方箋

☆星を読んで自分を知る 相手を知る☆
出生年月日から西洋占星術、東洋占星術で鑑定致します。

「星」という字は「日」に「生まれる」と書きます。
あなたが生まれ出た瞬間に空に配置されていた星を読んでいくと、本来あなたが持って生まれて来たもの=性格、才能、嗜好、向いている事、予測 など
さまざまな観点からあなた自身を紐解き悩み解決へのヒントを探っていくことができます。

星を読んでご自分を深く知って 問題を解決し、心からスッキリしてみませんか