変革の師走

12月 師走

うっかりしてたら どんどん時が過ぎていて
もう冬至が近づいている

なんだかんだと、コロナに神経使って過ごしているうちに
師走になってしまった

あれもこれもやりたいのに
どうしてもやらなければならない事と
健康でいる事にしか集中できなかったなぁと
環境が少し変わった広い空を見上げる

もうすぐ風の時代になるというのに

こちら界隈では、この話題で持ち切りで
「風の時代」と検索すれば、豊富な情報にすぐさま出会える

木星と土星が同じサインに同座するのはほぼ20年に一度
ここ200年は大概が地のエレメントで同座して

地の時代と呼ばれて来たとおり、物質中心の世の中で
金融機関が強大な力を持ち、人は権力を欲しがり
立派な家に住んだり、かっこいい車に乗ったり、
ブランド物を持ったりすることを目的に人々は生きてきた

そういう人々が多かった

「大概が」と書いたのは、面白いことに
時折、前のエレメントに戻ってみたり、次のエレメントに顔出したりと
振り返りをしつつ、また、先の予告もしていくという

地球人の生活をコントロールしているつもりもないでしょうに
天はそんな動きをする

もちろん、この宇宙全体が人間にとって
偶然じゃないわけだけど

これからは風の時代

物を持つ事が重要と思わない人々が増え

情報 流通、コミュニケーション、浅く広く、
風のようにさっぱりあっさりとした人間関係に

 

 

この12月の冬至の前 正確には12/19から
風のサイン水瓶座に、木星と土星がほぼ同時に入座することで
風の時代が本格的に始まると言われる グレートミューテーション

※「水瓶座の時代」という呼び名は
単に今回入るから、とはちょっと違う話なんだけど※

12月の星の動きはとてもアクティブ 目が離せません
ここから変化の怒涛の波が押し寄せてきます。

12月15日 射手座で新月 日食

12月17日 土星水瓶座入り

12月19日 木星の水瓶座入り

12月21日 太陽山羊座入り 冬至

12月22日には、水瓶座で土星と木星が
度数ピッタリのグレートコンジャンクション☆

ただのコンジャンクションじゃないんですねえ
巷間 かまびすしく言われているのはここ

今まで、木星土星は山羊座にいてこの水瓶座入りにより
地のエレメント時代が終わる、と

山羊座には、だいぶ前から冥王星が、
また、1年半ほど前から土星が滞在していて
そこに昨年末木星が入ってきた

3天体揃ったところで、強大なエネルギーが共鳴し合って、
地球に住む私たちに大きな影響を与え、2020年は歴史に残る年になった

社会の象徴である山羊座で同座した3つの天体

拡大の木星 は まるでコロナの拡大
抑制の土星 は まるで人々の我慢、制限された行動
破壊と再生、変容の冥王星 は そのまま社会の仕組みの見直し

そし山羊座と調和する牡牛座には、入って間もない大変革の天王星がいて、
価値観の転換を我々にもたらした

個人に落とし込んだ時にも
ひとりひとりに大きな大きな変革をさせている

世界を見回すと、どの国も様々改革や変容が起きている

今、アメリカでは大統領が代わろうしていて
世相が非常にきな臭い状況になって心配な状況のよう

 

木星と土星は約20年に一度同座するけれど
破壊と再生の冥王星とまで一緒に入るのは、2000年を超えるほど前の事

天文暦をつらつら眺めて
私の知り得る限りの紀元後初期でいくと

西暦14年の蠍座 水の時代

113年の牡羊座 火の時代

とあったりする
ただ、その時代にどんな出来事が起こったかは、
浅薄な知識では追いつけない

Wikipediaにも、
東アジアで新羅のこと、ヨーロッパのローマ帝国のこと
ぐらいしか掲載されていない

近いところでいえば、1820年から1821年の魚座で
木星土星冥王星同座があるが
どれか2つがコンジャンクションになるけれど
3つ共がコンジャンクションになってはいない

グレートミューテーション
地の物質中心価値観の時代から風の時代

もう一度書くと
情報、流通、コミュニケーション、ITで浅く広く、人との関わりはさっぱりと

オンラインでの仕事、授業、飲み会
パソコンの普及はそのためのものだったの

コロナがもたらしたのは、人同士の熱い濃厚接触の自粛
熱く語り合うこともせず、ハグどころか握手すらしない

何が怖いって、そこここに広がっているのに見えないというのが怖い

 

 

さて
そこに加えて日食の新月

もう、何が起きてもおかしくない という感じです。
怖くて不安でありながら、ゾクッとする期待もある感じ

12月15日 日本では日付かわってすぐの1時過ぎに皆既日食
日本では見られなくて(日食は見られない方がいいし)

見えるのは南太平洋からチリ、アルゼンチン、南大西洋
だいたい2時間ほど太陽が欠けるという

このかかる時間が
「太陽が欠ける」というネガティブな影響を与える時間に匹敵すると言われている
ネガティブな影響が長い地域がある。。。

今年の影響を引きずるような事なのか
社会的変化で、その国の世相に影響が出るのか、油断ならないと思われます

時代が音を立ててガラガラと変わる時を告げるかのような日食
ハウスは東京では3ハウス
ここでもコミュニケーションが強調されていて

来年の傾向を予測するならば、なんて
ひとことではとても言えないのですが

withコロナの中、ITを通して浅く薄く、上手に人との関係性をつないで
個々の力で社会を組み立てていく事が、
まずは大切になっていくのでしょう

月寿朱里 西洋占星術の本

西洋占星術でわかること、星が教えてくれるものをミニ小説の主人公由梨が身を持って体験しています。
占星術の基礎知識と共にホロスコープを読む楽しさを味わえます☆

月寿朱里の本

神社大好きが高じて書籍にしてしまいました
ハンディタイプです
神社巡り、御朱印集めの際に神社ミニ知識をぜひお供に☆

この記事を書いている人
月寿朱里
つきほぎ あかり

画像名
ご訪問いただきありがとうございます☆西洋占星術・九星気学を使いその方に合った快運方法を導き出してカウンセラーマインドで問題解決のお手伝いをさせていただいています。
☆企業に30年以上勤務後 現在西洋占星術、神社神道神話、 開運運命学を探求しながらハートシップパートナーズLUCEを主宰☆

詳しいプロフィールはこちら

お役に立ったらぜひお友達にもシェアしてくださいね☆

悩みに効く星の処方箋

☆星を読んで自分を知る 相手を知る☆
出生年月日から西洋占星術、東洋占星術で鑑定致します。

「星」という字は「日」に「生まれる」と書きます。
あなたが生まれ出た瞬間に空に配置されていた星を読んでいくと、本来あなたが持って生まれて来たもの=性格、才能、嗜好、向いている事、予測 など
さまざまな観点からあなた自身を紐解き悩み解決へのヒントを探っていくことができます。

星を読んでご自分を深く知って 問題を解決し、心からスッキリしてみませんか